ブランド経営 > Philospfie

菲洛索菲

       20世紀頭、Philosofieの創始者が偶然にドイツ街角の「ストーリー屋」で話を聞き、Philosofieブランドを創造するインスピレーションを獲得し、Philosofieの未来と発展の靑い構想を始まった。Philosofieがそのドイツ北威州の托伊托堡森のBielefed(比勒菲尔德市)に生まれ、この町が総合類の大学や繊維、服装、機械製造と出版など主要な工業を集めていた。そこは芸術の雰囲気を持つ現代工業の総合都市であり、Philosofieの最初のデザインがそこで生まれた。

       ドイツ民族は穏やかに情熱の民族であり、この民族の人はフランス人のように自分を表現することが好きではなくて、逆に彼らただ「潤物細無声」という感じが好きである。Philosofieが自然にこの民族のような特性を持っている。静かで、生活を愛し、文学と芸術音楽が好き。

だから、ブランドを創始した以来、Philosofieが最初の理念に従い、生活を信じ、それはすべてのすばらしい感じの起源である。その未来のすべての段階は消費者の人生のストーリの中から人とブランドの真実を生むことである。未来のブランドの発展軌跡を書くのはブランドストーリの人が一人一人のPhilosofieの忠実な消費者であり、ブランドと一緒に積極的に奮闘する物語、これもPhilosofie誕生の物語である。

       生活は色、香り、味全部ある「生活の香り」で、Philosofieはちょうど「生活の香り」の生き方、これはブランド独自の現代生活文化、生活楽しみを知り、ブランドの生活価値を知る。もし自分の価値を重視すれば、世界に価値を創造すべき。Philosofieは社会のためにブランドの価値を創造するように努力していて、2011年、Philosofie(菲洛索菲)がイメージ新鮮で、現代ファッション、文化生活があるブランドになった。