ブランド経営 > Todd & Duncan

托德邓肯

       Todd & Duncanは1867年にスコットランド利文湖のほとりで設立した。2009年6月会社がイギリスドーソン国際集団のダンカン紡績工場を買収した。19世紀末、Todd & Duncanとドーソン国際が協力し、世界に最初の整毛機を発明した。世界に初めてのカシミヤ糸の生産企業になった。現代カシミヤ産業を始まった。優良品質のカシミヤを選択、世代の伝統工芸、先進的な独自の紡績技術で、トッドダンカン(Todd& Duncan)会社が優れた品質糸をできることになった。長い歴史を持つスコットランドカシミヤ紡織工業の中でリーダーとなり、紡織旧家と呼ばれるイタリア紡織工業にも脱帽である。

       トッドダンカン(Todd & Duncan)会社で生産したカシミヤ糸は世界の各有名なブランド ルイ・ヴィトン(Louis Vitton)、プラダ(Prada)、シャネル(Chanel)、Ballantyne、エルメス(Hermers)などに長期に供給している。その商品の成功のポイントは製品が柔らかくて、時間経っても美しい色を持つことである。さらにこの業界にトップになれるのは絶好な染色技術である。

       トッドダンカン(Todd & Duncan)会社が「Colourist of Cashmere」と呼ばれている、意味は「色の魔術師」である。千種類の色をでき、最もうるさいデザイナーの最も残酷な要求も満足できる。これは最も先進的な科学技術の恩恵、および最も伝統的な配色能力のおかげである。ほかの会社は勝てられないである。素晴らしい業績をでき、名声が流れて、貴族が好きになったことだけではなくて、イギリス女王や前首相サッチャーさんも(Todd & Duncan)会社を訪問し、その製品での注文服を長期使用することにした。