中銀について > 社会責任

社会責任

  上場企業として、誠実信用、合理経営の原則を守り、社会公徳、ビジネス倫理を厳守する。経済利益と株主利益を追求する一方、債権者及び従業員の正当利益を守っている。2011.12.13に中銀カシミヤは「BSCI」三年期限認証を獲得している。
、社内制御制度を完善し、科学的な管理により、株主及び債権者の正当な利益を保護する。
 2012年、「社内制御評価管理制度」を改訂した。社内では多数評価項目を展開し、内部考査により、社内システムを最適化され、内部体系をステップアップされた。更に、従業員の共同努力で、会社経営業績年々上昇し、所有者権益は17.2億となっている。会社時価は安定的に増加し、現金ボーナス対策の実施により、株主様の利益を保護された。
また、当社は金融機関との良好関係に基づき、数年以来、不良また延滞債権は一切発生したことない。従って、債権者の利益を守り、会社の信用を高め、多数の金融機関の競争の大手顧客となっている。
 (二)、就労機会を創り、地元生態移民プログラムへの浸透
 カシミヤ産業は寧夏経済的な基幹起業として、就労圧力を緩和し、地元経済発展を推進してきた。2012年末、新型プロジェクトの導入及び会社規模の拡大に伴い従業員数は2637人となり、2011年より20%を増加した。
 2012年、中銀は寧夏南部貧困地域移民地に工場を建設するにより、移民余剰労働力の再就労土台を作て、300人の移民就労を完成した。今後、新型プロジェクトの導入により、より多くの移民就労のチャンスを作り、生態移民体系の形成、新規産業展開により、貧困状況の改善、移民就労問題の解決、都市化への推進、社会安定、地域の平和に大きな役割を果たしている。また、中銀の業務全般は「三農」と関わり、原料購買に通して、およそ30万農牧民の生計、生活質量、地域交流にもかなり影響がある。
 (三)、公益事業、地域建設への貢献
 長年間、中銀カシミヤ及びグループ会社は社会貢献、公益事業に力をいれ、2012年に当社社員の子供に5.2万元の援助金を寄付した。グループ会社は寧夏上場会社協会に9万元のOffice資材用品を提供し、董事長馬さんは個人名義でモスクに100万元の助成金を出した。近年、中銀カシミヤ及びグループ会社は社会貢献や公益事業金額は600万元に達して、社会各界の好評をもらった。
 (四)、従業員権益の保護
 1、従業員日常生活関心を持つ
中銀カシミヤは『中華人民国労働法』に依存し、医療保険、社会保険などの福祉対策が出している。また、年一回の健康診断を行い、困難がある従業員世代に援助制度を制定している。少数民族の風俗・飲食習慣を重視し、ハラール食堂が設している。更に、様々な交流活動により、従業員間のコミュニケーションを増やし、快適な生活・仕事空間を目指している。
 2、従業員育成の重視
2012年、「寧夏中銀カシミヤ株式会社従業員育成管理制度」、「中銀カシミヤ従業員トレニーング進行方針」、「中銀カシミヤ生産管理活動方針」などを更新してきた。2012年、高級管理職層に130時間の工商マネジメント研修を設け、6月に「企業強化管理」及び「企業品質管理」を実施、9月、北京で技術関係者に「M1編み方設計」訓練を展開、12月「カシミヤ基礎知識と原料現状分析」など一連の研修を通じて、一般社員の科学知識、文化教養、素質などを高めてきた。
 3、中堅人材育成計画
近年、中国科学研究院、天津工業大学など13ヶ所の研究院、企業と「寧夏カシミヤ技術創新戦略同盟」の締結により、寧夏カシミヤ流通、収集及び加工基地は国内高級カシミヤ精品生産、開発および輸出の中心と躍進した。また、西安工程大学と共同修士課程育成基地を設立し、紡績専攻職人を育て、会社の発展には大きな役割を果たしている。
更に、中銀は中堅人材と管理層の交流を深めるため、「寧夏中銀カシミヤ中堅人材と管理層Face To Face」制度を定められた。
(五)、諸費者の保護、サプライヤー様権益状況
中銀カシミヤはお客様の気持ちを出発点とし、お客様との交流を重視し、自社製品品質、お客様満足度を高める。また、お客様の価値を基本に、科学創新レベルをアップし、お客様の要求を満たす。更に、お客様利益を宗旨として、高品質製品からお客様の信頼をもらい、共に成長していくことを目的としている。
この目標を実現するため、会社は「お客様第一続革新」の方針により、サービス力を高め、お客様により多くの価値を創出する。
(六)、環境保護
中銀は生産規模を拡大する一方環境保護を重視している。生産排水などは国家環境標準要求と一致し、汚染物排出治理に力をいれ、生産と環境保全を両立にしていくことを目指している。
0から省エネ環境保全
事務管理について節水、節電を提唱し、RTX通信により、情報を公開している。社内ではERPシステムとOA自動Officeシステム及びカシミヤニット生産管理システムなども使用している。また、VCR ON-LINE会議システムの導入により、生産、管理、貿易関係の問題を解決する。更に、これらの先進省エネ管理設備の利用により、コストを減らし、環境保全とCO2排出減の二重効果が実現された。
国家基準により、汚染物の合理的処理
 中銀は「環境保護制御プログラム」に依存、生産中の汚染排出物を最小限にし、周囲環境を確保している。
科学省エネ-技術革新でグリーン環境保全型企業を目指す
 中銀は技術開発により、省エネと排出物の空間を広げてきた。また、当社開発した「カシミヤ低温染色及びインテリジェント制御乾燥加工技術の開発と応用」は染色時間短、染色温度低、繊維損失小、熱量低などの利点がある。
 2009年から、カシミヤ糸とカシミヤ製品は国際紡績品生態研究と検測協会Oe ko-Tex Standard 100認証をもらっている